HOME検索アバウトメールフォームよく読まれた記事はてブ人気記事被リンク数カテゴリコメントトラバRSSリンク翻訳(translate)

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

あなたにとって『ネギま!』とは?~頂いたご意見の発表~

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
魔法先生ネギま! | トラックバック(1) | コメント(0)
ネギま!サイト管理人への11の質問

『魔法先生ネギま!』が2012年3月14日発売の週刊少年マガジン15号で、9年間の連載を終え、ついに最終回。

…という事で、みなさんのご意見を募集してみました。その結果を発表させて頂きます。

Twitterで頂いた反応

  1. kanata0954 きっかけ。 ところで「ネギま!とは」じゃなくていいの?」とか。 #ネギまとは

ツイートありがとうございます。一人でも多くの方の人生が良い方向に転換していくきっかけとなったとしたら、素敵ですね。

ちなみに、「#ネギま!とは」にすると、一文字少なくなってしまうので、エクスクラメーションマークは省略しました。

  1. yakisoba_luv 面白うて やがて悲しき ネギまかな #ネギまとは
  1. yakisoba_luv @nekotonegima 亀レスすいません。採用ありがとうございました。実は後になって「悲しき」より「寂しき」だったかなーとか思っていたり。

なんというか、僕もこんな風になるとは思わなかったです、ネギま!は。

  1. ruruace なかなかひと言では言えないけど、とりあえず、1.「あと3回」を見る前、2. 見た後、3. 最終回を読んだ後…で、それぞれ違いがあるかなぁ(苦笑) #ネギまとは

あと3回というのはTwitter上での赤松健先生の↓の宣言の事ですね。

  1. KenAkamatsu 報道されている通り、「魔法先生ネギま!」は残り3回(355話まで)で終了いたします。皆様、長い間ご声援ありがとうございました。(^^)

もう、2ヶ月も前の宣言なのに、つい最近のことのように感じます。

  1. chyachyamaru . @nekotonegima 個人的には間違いなく人生に大きく影響を与えた作品になりますね。何でだって日本に留学出来た元々の原因にもなりますから。
  2. chyachyamaru ネギま!アニメのファンサブを見て、ネギま!ファンと交流を取る->ファンサブの人に誘われてファンサブをやり始める->その中で日本語力を磨き、かけがえのない友人達と出会う->友人に誘われて雑誌の創刊に手伝う(つづく)
  3. chyachyamaru ->雑誌が停刊になって失業ー>雑誌とファンサブに精力を注ぎすぎて大学の成績が疎かに->卒業後いい仕事を見つからず人生がヤバイ->いっそ留学するか日本語できるし->なう
  4. chyachyamaru 回りくどいかw
  5. chyachyamaru 遠回しは多いが後悔は少なく無駄はない。いい人生じゃないか。
  6. chyachyamaru タグあったのかorz前で書いたのをまとめてみた。http://t.co/9y9ZGfQE ちなみに日本語のマンガを買う習慣はネギま!から始まった。アマゾン感謝です。#ネギまとは

茶々丸MK-Ⅱ (chyachyamaru) さんにとっては、人生を変えてしまうきっかけになったネギま!。しかも「いい人生じゃないか」と言い切ってしまう茶々丸MK-Ⅱさんカッコイイ!
僕も茶々丸MK-Ⅱさんほどではないけど、ネギま!で人生変わってます。ネギま!が好きになって。

  1. tanemurarisa 「あなたにとって『ネギま!』とは?」 一体、どんな存在ですか? http://t.co/CkG5hSdg @nekotonegimaさんから
    様々な方々に出会えるきっかけとなった(それこそ黒猫さんにも!)まさに自分の人生を変えた作品。

種村理沙 (tanemurarisa) さんも、ネギま!で人生が変わったのか!僕も多くの方に出会ったけど、結局人生が変わった訳ではなかったな。

頂いたコメント

6175:『ネギま!』とは?

人生と言う名の遠足の”おやつ”(チョコボール相当)
  • 美空春団治 |
  • URL
  • [2012/03/20]

ミソライエ。の美空春団治さんからコメントもらったいましたよ。感謝!美空春団治さんらしいコメントっすね。

6176

哲学ではないかと

ネギま!を哲学たらしめたのは、赤松健ではなく僕らファンだと思ってます。

6177:ネギま!とは

 ネギま!と出会っていなかったら、おそらく深夜アニメに出会っていなかったと思いますし(初めてちゃんと見た深夜アニメがこれだった)アニソンとの出会いもなく、声優さんのことについても今ほど詳しくなかったのではないかと考えています。中学2年で親から貰った修学旅行費などを誤魔化して初回のDVD全巻そろえたのはいい思い出ですwww。今の自分があるのはネギま!のおかげだと思っています。初めて床屋でたまたま手に取ったマガジンで読んだネギま!(京都編あたり)との出会いがなければいまごろ自分はどうなっていたかまったく検討が付きません。

つまり、自分にとって「なくてはならない存在」だと思います。
  • uni |
  • URL
  • [2012/03/22]

ネギま!がきっかけで、深夜アニメやアニソン、声優道に入ったんですね。赤松先生も罪作りな人だ。

6178:ネギま!とは

「私がアニメで大枚はたくようになった原因。でも後悔してない」

ネギま!という作品に出会ってなければここまでアニメを見ることは無かったでしょう。
フィギュメイトとかに○万円掛けるとか。
ここ数年はマンガのネギま!を見ていませんでしたが、今回9年間の連載を終了したということで。いろいろと思い出に浸っているところです。
ネギま!を見始めてファンサイト[Rimble Ramble Land]を作ってみたり・・・いろいろと楽しませてもらいました。
懐かしいなあ・・・
  • まほろ |
  • URL
  • [2012/03/23]

私もネギま!がきっかけでHTMLを学びました。それまではまさか自分がWebページを作るとは思ってもいませんでした。

6179:ネギまとは

一言でいうと「人生」

ネギまに出会って
180度変わった。

ネギまに出会って出会えた人たち。
将来の夢
生きる希望。

ネギまがなかったら
今ここにいなかった。

本当にありがとうございました。
  • 奏絵 | URL [2012/03/25]

ファン同士の交流が盛んだったのも、ネギま!の特徴ですね。

頂いたWeb拍手、メール等

ネギま!はたくさんのことを教えてくれ、いろいろなことを考えさせてくれ、わたしを成長させてくれた作品です。(いちょう)

本来物語とは、いちょうさんのように読者の成長に繋がる疑似体験であるべきですね。

ネギま!は僕にとって人生そのものですネギまのためなら会社
をやめたり人生が路頭に迷ってもかまわないほどです
続編か外伝的なものが出てくれないと僕は生きてく気力がなくなるほど愛しています

ここまで愛してもらえれば、物語としてのネギま!も、なんというか本望かと思います。

私にとってネギまとは?とな?うーん、前作大ヒットからの期待していたけど、だんだんと「ラブコメの赤松」からバトルへ変更。バトルがズルズル長引いて、流し読みする程度になりましたねぇ~。

結局、赤松健先生は、誰に向かって、何を書いてたんでしょうね。

ネギハーレムなラブコメも含めて、「壁」を乗り越えていく少年成長物として楽しんでいました。話としては区切りがついてしまいましたが、盛り込める要素は多そうですし、特別版みたいな形でちょこちょこ出版されないかなぁと期待しています。

特別版、僕も読みたいっす!アレが本当の最終回だとは思いたくない!

はじめまして、■■と申します。(ブログ管理人注:ご本人の希望で、お名前を伏せました)
いつもサイトの方、楽しく読ませていただいており
今回、「あなたにとって『ネギま!』とは?」一体どんな存在ですか?
という質問(?)があり、初めてメールを送らせていただきました。
 
 
私がネギまを知ったのは、8年前で当時は中学2年生。
ガソリンスタンドで親の車の洗車を待っている間、何気なく手に取ったマガジン
そこで目に留まったのがネギまでした。
他の漫画と雰囲気が違ったためだったと思います。
 
確かその時は修学旅行編辺りを読んだ気がします。
まぁ、ガソリンスタンドに置いてあったものなので
当時出ていた号より、少し前の号だったと思いますが…
 
もう刹那に一目惚れでしたw
 
 
それから暫くして
本屋に行った時、ふと目に留まったのが
またしてもネギま。
そして今度は単行本。
 
気付いたら1~4巻までまとめ買いしてました(5巻は無かったのです)
 
 
アニメのDVDやCDも買い始めました。
当時中学生でバイトもしていなかったので、お小遣いを少しずつ貯めて
買い集めていた思い出があります。
 
アニメは19話のさよちゃんとツワブキの回と
23話の明日菜死亡の回を
号泣しながら何回も観ました。
 
ちなみに初めて買ったライブDVDは
「ホームルーム」です。
ハピマテの人数の少なさに衝撃を受けたり
KIZUNAのかっこよさにただただ呆然でしたw
 
 
 
 
話が脱線してしまい申し訳ありません。
 
 
私にとってネギま!とは
「明確な目標を与えてくれた漫画」です。
 
初めてネギま!に出会ってから8年。
3-Aのクラスメイトと同じ歳だった私も今では22歳です。
 
今は声優を目指して上京し
新聞配達のバイトをしながら、学校へ通っています。
(ここは明日菜の真似をしたわけじゃないですw)
 
周りの方から見たら
「現実を見ろ」と言われるかもしれません。
 
でも、今のこの状況に関して
全く後悔はしていません。
 
 
ネギま!を知らなかったら、声優という職業にも興味を持つことはなかったと思います。
だから、私はネギま!の原作者である赤松健先生をはじめ
佐藤利奈さんや神田朱未さん等、声優さん達には
本当に感謝をしています。
 
ネギま!声優さん全員が私の尊敬する人です!
 
 
本当に感謝してもしきれないぐらいのものを
ネギま!は与えてくれました。
 
 
 
長筆乱文失礼しました><
 
名前のみ公表は伏せて頂くとありがたいです。
 
ようやく暖かくなってきましたが、まだまだ寒い日もありますので
お身体に気をつけてください。
メール有難う御座います。また、ブログを見てくださって感謝です。

「名前のみ公表は伏せて頂くとありがたいです」とのことで、お名前を伏せさせていただきました。

声優、表現者というのは、いくら頑張ったからと言って必ず大成するとは限らない、とっても過酷な世界ですよね。

尊敬なさっているネギま!の声優さんのように、良い出会いに恵まれ、声優さんとして大成なさる事を祈っています。

私の昔の友人には声優さんに慣れなかった方や、声優さんになってアニメの主役までやったけど、結局廃業した方、いまだに(実は結婚しながら)続けてる方等が居ます。彼らが声優志望者から相談を受けるたびに言っていたのは「手に職をつけておけ」だそうです。声優になる前も、なった後も、残念ながらなれなかった時も、資格は大きな人生の助けになるそうで。

赤松先生が漫画化志望者には必ず進学を勧めるのも、おそらく似たような理由だと思います。

メール、本当にありがとうございました。いつか、あなたの声がテレビで流れる日を、楽しみにしています。その時、ネギま!の声優さんと共演できていたら、尚、素敵ですね。

ブログでの言及

トラックバックいただいたわけでもないけど、見つけたので捕捉!

よっぴーがきっかけで読み始めたんですね。よっぴーも罪作りな。そして6年は本当に長いですよね。ブログの寿命は3年なんていう方も居ます。それから比べると、僕らはかなり長いっすね。

★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

2012/04/10 | 魔法先生ネギま! | トラックバック(1) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲

コメント

コメントの投稿

うまく投稿できない場合はメールフォームを使ってください、すみません。


コメントしたページのURLとハンドルネーム(名前)を登録しておくと新たにコメントが書かれたときに『「~の記事」に新着コメント』という通知をRSSリーダーでチェックできるようになります。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

記事を読んで何かを感じたら、トラックバックで感想・意見・反論下さい!

ただし、こちらへの言及リンクがない場合はトラックバックは受け付けていません。また無関係な記事からのトラックバックは削除することがあります。

トラックバックが反映されないときはメールフォームまで連絡下さい、対応します。

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/03/10(日) 12:09:28.90 ID:e5fkkI0H0 ?PLT(14072) ポイント特典絶版漫画が電子書籍で再評価 「Jコミ」仕掛け人に聞く■もともと編集者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。