HOME検索アバウトメールフォームよく読まれた記事はてブ人気記事被リンク数カテゴリコメントトラバRSSリンク翻訳(translate)

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

赤松健「都条例はかつてない脅威」~Ustream中継された“Jコミ仕分け会議”レポート記事~

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(0)

夜遅くまで仕事で、中継が見られなかったのでありがたいです。気になった赤松健先生の発言を引用しておきます。

― 今回の改正都条例を受けて、まずは皆さんがどう感じているかをお伺いしたいのですが。

赤松 禁止されることで、逆に生まれる工夫や構図、そして考える面白さが出てくるというのも事実です。だから僕は、規制にはいつも全面的に反対ってわけじゃないんです。

 あと、今回の条例はある意味「うまい」というか、狡猾だなぁと思ってるんですよ。まず、近親相姦モノとか、漫画のジャンルの中身に相当詳しくないと、自信がなくて条文には盛り込みづらいですよね。相当なマニアが条文作りに参加していることは間違いない。

 そしてよく考えると、現実社会の中でダメなことを、マンガやアニメの中で描くことを禁止するというのは、明らかに論理が破綻してるんです。でも、一見すると「たしかにそういった行為は許されない。だから漫画でも同じく許されないだろうな」と思ってしまう。これは非常にうまい、と感じました。

 そして、採決までの時間を短く設定して、市民によく考えさせない。さらに今回は登場人物の年齢制限にこだわらず、漫画やアニメのストーリー(ジャンル)にまで踏み込んできたという点でも画期的。漫画家にとっては、かつてない脅威になっていると思います

ちなみに前半は都条例に関する議論。そして後半からは「Jコミに何が出来るか」の議論に移っていきます。長文ですが読みやすいレポートでした。

★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

2010/12/27 | 魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲

コメント

コメントの投稿

うまく投稿できない場合はメールフォームを使ってください、すみません。


コメントしたページのURLとハンドルネーム(名前)を登録しておくと新たにコメントが書かれたときに『「~の記事」に新着コメント』という通知をRSSリーダーでチェックできるようになります。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

記事を読んで何かを感じたら、トラックバックで感想・意見・反論下さい!

ただし、こちらへの言及リンクがない場合はトラックバックは受け付けていません。また無関係な記事からのトラックバックは削除することがあります。

トラックバックが反映されないときはメールフォームまで連絡下さい、対応します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。