HOME検索アバウトメールフォームよく読まれた記事はてブ人気記事被リンク数カテゴリコメントトラバRSSリンク翻訳(translate)

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

赤松健「同人誌を合法的に配信できればと考えてます」~ライブドアによるネット最速インタビュー~

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
赤松健 | トラックバック(0) | コメント(0)

ライブドアNEWSに『魔法先生ネギま!』や『ラブひな』でお馴染みの漫画家・赤松健先生の、インタビューが載っています。電子漫画サービス「Jコミ」の代表取締役社長としては、ネット最速のインタビュー記事になります!

電子書籍は3年前以上前から考えていた

―――「Jコミ」の構想はいつごろから?
赤松健(以降、赤松): 三年以上前ですね。ネギまが終わり次第Jコミをやろうかなと考えていたんですが、ネギまが全然終わらなくて(笑)。そのうちに、いよいよこういう時代になっちゃいまして。
―――現在、電子書籍というと携帯漫画がありますが、いかがでしょうか。
赤松: 携帯漫画は1コマごとに表示されるんです。でも我々漫画家は見開きで漫画を描いているんですよ。特に、ページをめくるときのインパクトを重視しているのでコマごとに分解されてもなぁというのはちょっとあるんですよね。

―――漫画らしくはないですよね
赤松: そうですね。携帯の画面ならしょうがないですけどiPhone・iPadクラスでは1ページ単位で見ていただきたいと思ってます。携帯専用に書いている作家さんは別ですけど。既存の作品は、せめて1ページずつ、できれば見開きで読めること。それが一番望ましいです。

魔法先生ネギま!が終わったらJコミ始めようかと思ってたのに、魔法先生ネギま!が終わらないので、見切り発車してしまったという新事実がw

漫画研究家の「いずみの」さんこと「泉信行」さんが、以前「うまくない見開きの使い方/pixivの漫画投稿システムがダメな理由 - ピアノ・ファイア」で指摘していた問題ですね。それを現役漫画家である赤松健先生が解決したというのは本当に素晴らしいことです!

紙もパッケージ化次第ではまだまだ売れる

―――「魔法先生ネギま!」の新刊も発売になってますが。
赤松: ちょうど今日(インタビュー日)、「魔法先生ネギま!」32巻が発売されました。通常版と限定版がありまして、限定版にはアニメ(OAD)が入ってます。限定版の特長は付録が多いんですよね。アニメDVDだけだとネットに流されかねないんですけど、この限定版にはカードが付いてるし、声優さんのラジオ番組や脚本PDFも付いてるし、通常版と限定版では表紙の服装が違ったり、とにかくコレクション要素が多いんです。ここまで来ると、ネットで落とすより買った方が早いです(笑)。

―――豪華ですね!
赤松: それで今でも6万部くらいの予約があります。3700円で6万部って凄い数ですよ。こうやってパッケージングで価値を高めるっていうのは紙でもまだまだ可能なんですよね。だからこういう文化は出版社と一緒に守っていきたいです。

赤松健氏サイン入り「魔法先生ネギま!」32巻(限定版)
アンケートに答えていただいた方の中から、抽選で1名様にプレゼント!
プレゼントへの応募はこちらから

OAD「魔法少女ユエ♥」付き限定版ネギま!32巻が「これでもか!」という程に特典が盛りだくさん付いているのは、ネット上に出回る著作権侵害の違法コピーに対する対抗策でもあったんですね。

作者が儲からなきゃ未来に繋がらない

―――さすがに10年経つと売るのも難しそうですよね。
赤松: そうすると市場的な価値はゼロですけど、広告代理店さんのお話によると1巻あたり70-80万の価値があるんじゃないかというお話なんです。これは素晴らしいですよね。企業や図書館を含めて、いろいろな組織が電子書籍に注目していますけど、作者視点に立っているところは殆ど無いです。でも漫画家から言わせてもらうとですね、作者が儲からなきゃ未来に繋がらないんですよ。

(参考リンク)(4) 絶版マンガが70万円に?! - (株)Jコミの中の人 

―――漫画家が儲からないと漫画を書く人が居なくなっちゃいますもんね。
赤松: そうなんです。作者にお金が渡るのが我々としては重要な点だと思ってます。それで漫画家になろうって人も増えるわけですし。今は結構貧乏な人も多くて、そういうことで考えたシステムでもあるんですよ。

インタビュアーのノトクさん曰く「漫画家が儲からないと漫画を書く人が居なくなっちゃいますもんね」な問題を打開する意味もあったんですね。Jコミって。

扱う作品の基準。表現規制は?

―――漫画の中身のチェックとか、表現規制はありますか。
赤松: 基本的には商業誌の少年誌・少女漫画・青年誌に載ったものはOKです。作者さんがOKと言ったものは全部そのまま載せちゃいます。AppleさんやAmazonさんは性と暴力への検閲が厳しいようですが、それって思想の強制ですよね。マンガ文化を検閲するようなことには反対はしたいです。我々としては例えば「デビルマン」でヒロインの首がさらしものにされるシーンだろうが、それはそのまま読みたいし読んでもらいたい。そういう表現としてのマンガっていうものに対して検閲は絶対にしないで欲しいと。

講談社も性と暴力への検閲を受けてiPadで講談社の漫画の30%がリジェクト(拒否)されましたが、赤松先生のJコミではそんな問題も無いようですね♪

同人誌も扱いたい

―――ゆくゆくはJコミのオリジナルコンテンツも?
赤松: そこはまだノーコメントです。が、他に面白いことを考えていて、同人誌を合法的に配信できればと考えてます。漫画のパロディ同人誌は基本的に違法なのですが、原作者が許諾をだせばすぐ合法になります。で、同人誌に広告を入れて原作者と同人誌作者で広告料を折半すれば、社会に出しても全然OKなわけです。

―――それは革命ですね。
赤松: 日本の同人誌って重要な文化遺産だと思うんですけど、これを収集して発表できると凄いですよ。という計画があります。

―――これは凄いですね。同人誌が海外にも広がるし、今は海外に同人誌が出回ることってないのでは?
赤松: 今、同人誌なんかコミケの晩にはスキャンしてネットにバラまかれてます。でも、そのパロディ同人誌はそもそも著作権違反なので、ネットでの無断アップロードに対して同人作家が著作権を主張しにくいから、泣き寝入りするしかないんですよね。しかし、作者の許諾があれば、同人誌でも立派に著作権を主張することができます。

赤松健先生が描いている『魔法先生ネギま!』や『ラブひな』だけ見ても、非常に多くの同人誌が描かれています。その中には原作以上にエネルギッシュで情熱迸る作品があったり、心理描写が細やかな名作があったり、原作では補完できなかったエロスが補完できる作品があったり、原作への愛にあふれた作品があったりと、本当に多種多様な同人誌があります。そんな同人誌は赤松健先生がおっしゃるとおり「重要な文化遺産」な訳で。その同人誌を収集した保管して、更に(希望すれば)同人作家にも利益が行くシステムというのは、素晴らしいですね!

関連リンク

★★赤松健が『ラブひな』全巻無料配布(※)について詳しく解説(※絶版漫画共有システム「Jコミ」のβテストとして)
※11月26日の昼頃から無料で全巻配布です!
Jコミ
※11月26日の昼頃オープン予定
■ブログ「(株)Jコミの中の人
赤松健先生の日記帳
赤松健 (KenAkamatsu) on Twitter
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

2010/11/26 | 赤松健 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲

コメント

コメントの投稿

うまく投稿できない場合はメールフォームを使ってください、すみません。


コメントしたページのURLとハンドルネーム(名前)を登録しておくと新たにコメントが書かれたときに『「~の記事」に新着コメント』という通知をRSSリーダーでチェックできるようになります。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

記事を読んで何かを感じたら、トラックバックで感想・意見・反論下さい!

ただし、こちらへの言及リンクがない場合はトラックバックは受け付けていません。また無関係な記事からのトラックバックは削除することがあります。

トラックバックが反映されないときはメールフォームまで連絡下さい、対応します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。