HOME検索アバウトメールフォームよく読まれた記事はてブ人気記事被リンク数カテゴリコメントトラバRSSリンク翻訳(translate)

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

赤松健が萌え系アニメブーム終息の原因を分析「女性キャラを性欲の対象として見なくなった」

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
赤松健 | トラックバック(0) | コメント(4)

魔法先生ネギま!【AA】やラブひな【AA】で知られる赤松健先生が、萌え系アニメのブーム終息の原因を分析しています。萌え系ハーレム作品の代表作とも言える『ラブひな』を世に送り出した赤松健先生の言葉、注目です!

赤松健先生の日記帳(2010年8月18日)
8月18日
帝国データバンクから、「アニメ制作会社の経営実態調査」が発表になって
います。
★ 2009年度の収入高総額は1648億3000万円、2年連続減少
 ~パチンコ業界との取引が好材料、一方で中小制作会社の収入低迷が目立つ~
 http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p100803.pdf

まとめのページに、

 ・「萌え系」を中心としたアニメブームは終息し、深夜アニメなどの
   放送枠は減少傾向にある
 ・(アニメの)映画作品は好調

とあるのが興味深いですね。
(すると、萌え系を脱してパチンコと提携し、映画で収益を上げるのが流行
 のビジネスモデルということに。(^^;))


「萌え系が終息」というのは確かにそんな感じで、昨年あたりから、以下の
現象が起こっているように思います。

(1)男性主人公の不在
  女性キャラしか出てこないアニメが台頭し、従来まで男性が感情移入
  してきた”女性にドキドキする男キャラ”が少なくなった。

(2)男性の購買力の低下
  今はアニメも漫画も、主に女性が買っている。オリコンのコミック
  ランキング上位はほとんど全て女性向け。(※2010/3/13の日記参照)

(3)男性視聴者が、女性キャラに感情移入できる技術を持つに至った
  特に「マリみて」以降。「けいおん!」でも、キャラを性欲の対象として
  全く見ていない男性ファンが増えている。”あの輪の中に入りたい”と
  いう願望を超えて、すでに登場人物の誰かになっている達人も。

私が「今年は百合が流行る」と知り合いに主張していたのは(3)のせいで、
しかし残念ながら「それほど流行っているわけでもない」感じです。m(_ _)m
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

2010/08/23 | 赤松健 | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲

コメント

5972

何故読み切りラブひなが出る寸前にこの日記を書いたのか、赤松先生の意図がよく分かりませんね。
そこまで萌え漫画家のレッテルを剥がしたいのかとw

萌え系云々に関しては「萌え」に対するスタイルがBLや801のように「感情移入」ではなく「愛でる(?)」スタイルに変わってきただけかと。

5973

自分で萌え漫画家って分ってるのにレッテル剥しとか意味不明すぎる。

たまたま、そういう記事があったから取り上げてみたってだけの話だろ。

5975:何これ

意味不明・・というか的外れすぎるよこの考察。
男キャラが出る作品が減ったのは、単に男キャラの存在を疎ましく思うオタクが増えたからでしょ。
女だけを見ていたい、萌だけが欲しいって奴が増えたんだよ。
その証拠に、女しか出ないけいおんにも18禁本が溢れているじゃん。
あと、けいおんもハルヒも買っているのはほとんど男だよ?
  • レミリア・スカーレット |
  • URL
  • [2010/08/28]
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

5978

確かにトップクラスに売れてる「なのは」や「けいおん」はほぼ女で主要キャラは占められているけど
それが男性の購買力低下と何の関係があるのかと。
まさか、女しか出ない作品を女が買ってる…とか思ってないよね!?

コメントの投稿

うまく投稿できない場合はメールフォームを使ってください、すみません。


コメントしたページのURLとハンドルネーム(名前)を登録しておくと新たにコメントが書かれたときに『「~の記事」に新着コメント』という通知をRSSリーダーでチェックできるようになります。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

記事を読んで何かを感じたら、トラックバックで感想・意見・反論下さい!

ただし、こちらへの言及リンクがない場合はトラックバックは受け付けていません。また無関係な記事からのトラックバックは削除することがあります。

トラックバックが反映されないときはメールフォームまで連絡下さい、対応します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。