HOME検索アバウトメールフォームよく読まれた記事はてブ人気記事被リンク数カテゴリコメントトラバRSSリンク翻訳(translate)

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

赤松健、自身の直筆アンケート葉書を「ぜひ出して」とファンにお願い

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(2)

2月17日(水)に発売された魔法先生ネギま!29巻限定版【楽天】には、作者の赤松健先生直筆のアンケート葉書が封入されています(※通常版には封入されていません。)。

魔法先生ネギま!29巻限定版、作者の赤松健先生直筆のアンケート葉書(宛て名)魔法先生ネギま!29巻限定版、作者の赤松健先生直筆のアンケート葉書(裏)

全てが赤松健先生の直筆!しかも赤松先生の日付入りサインが入っていたり、ラブひなラブひなラブひなあまなつAdhover ラブひなのタマちゃんや、『ネギま!』のカモ君や本屋ちゃんのイラストが入っていたりして、ファンとしては「送りたくないほど素敵なハガキ」になっています^^;

赤松先生によると、「出さずに保存する」というコアなファンも少なくないようです。そんな状況に赤松先生が困って「ぜひ出して下さい」「『コピーして封筒に入れる形でもOK』だそうですので」と、異例のお願いメッセージを発信しています。

2月18日
29巻の感想や誤植情報、ありがとうございます。

件の「作者直筆のアンケート葉書」ですが、”出さずに保存する”という人も
いて、直筆が裏目にでた~という感じも。(><)
せめて男女比だけでも知りたいので、ぜひ出して下さい。m(_ _)m 編集部に
よると、「コピーして封筒に入れる形でもOK」だそうですので・・・。
その場合は、ハガキに書かれている私書箱までお送り下さいね。(今回、
私書箱までとってもらったんですよ。)

その29巻限定版は、楽天で在庫復活。アマゾンと7&Yは売り切れ。
 楽天:http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/01e504f0.a40d4a6d/?url=http%3a%2f%2fbooks.rakuten.co.jp%2frb%2fitem%2f6208428【楽天A】

「抽選100名に赤松先生のサイン入りお返事ハガキ」が、更に抽選20名に「赤松先生のサイン入り特製グッズ」が当たると言う事で「コピーして封筒に入れる形でもOK」なら、ファンなら迷わず封筒で出すべきですね。

また、アンケート内容の後半部分↓を見ていただければ分かるとおり…

  • いちばん「ネギま!」に燃えていたのは何巻あたり?
  • 正直もうネギま!アニメは作らなくていい?
  • 魔法世界編の後、普通に卒業式で最終回でOK?
  • 「ネギま!・長編アニメーション」は見に行く?
  • 上映時間は何分くらいがいい?
  • 週刊少年マガジンのアンケート、出したことある?
  • 今後、どんなグッズが欲しい?

今後のネギま!の未来を左右する重要なアンケートです!「コピーして封筒に入れる形でもOK」という事なので、ネギま!ファンなら絶対に出すべきです!もちろん僕も(コピーを封書で)出しました。

“「送れないほど面白い」アンケートはがき”問題

今回、赤松先生の持ち前のサービス精神が発揮されて、作者直筆アンケートハガキが封入されました。ファンとしては、「送れないほど素敵なアンケートハガキ」になっています。

…でも、送れないほど素敵なアンケートハガキって、存在意義が微妙ですよね。たまごまごさんが以前

むしろ、ハガキの「アンケート」の部分はもうさておき、面白いものがついていればそれだけで購買意欲が格段に変わる、という方が大きい気がします。エマは毎回ハガキが楽しみという声をよく聞きますが、それだけの魅力がハガキにはあります。そうなったら、アンケート出す人少なくてももう効果抜群ですもの。
「送れないほど面白い」アンケートはがきの価値ってなんだ? - たまごまごごはんより引用

と書いてましたが、僕も同意見です。但し、今回は赤松健先生はアンケートの返送を強く望んでいるようです。今回に限って言えば、直筆アンケートハガキにしてしまったのは、回収率を考えると失敗だったかもしれないですね^^;


余談:直筆アンケートハガキと、僕と赤松先生のメールのやりとり

実は以前、赤松健先生に宛てて以下のようなメールを出していました。

from:黒猫 to:赤松健先生

■質問「魔法先生ネギま!の単行本にアンケートハガキを付ける事は不可能なのでしょうか?」
マガジンKCよりも一回り大きなサイズの青年向けコミックスでは、
たまにアンケートハガキが封入されています。
サイズの違いはありますが、マガジンKCでも
アンケートハガキを挟めると思うのですが、ダメですか?
「抽選で赤松健先生のサイン色紙(好きなキャラのイラスト付)を○名にプレゼント」
…とかにしたら、回収率が無茶苦茶高くなりそうな予感がします。

赤松健先生から頂いたお返事メールはこちら↓

from:赤松健先生 to:黒猫

アンケートハガキを付けることは可能です。多分、印刷費用は数百万円プラスになると 思いますが、でも帯つけるよりは安いんじゃないかな・・・

それに対する僕の返信メール↓

from:黒猫 to:赤松健先生

その程度の費用で可能なら、個人的には一度でいいから
単行本にアンケートをつけてほしいと思います。
勝手な妄想ですが、マガジンアンケートと単行本購買層の意識には
かなり食い違いがあると思うので(赤松先生がどちらを重視するかはまだ別の話ですが)

…という訳で、以前メールで単行本にアンケートハガキをつけてくれるように強くお願いしていたんですよ。「もしも、これらのメールが今回の直筆アンケートハガキにつながったなら!」と想像すると、脳髄液が漏れ出してしまうくらいに興奮してしまいます。

もちろん、僕のほかにもアンケートハガキに関して先生にメールした人も居るかもしれないし、ブログ上で提案してた方も居ますから、僕だけの手柄(変な言い回しですが)では無い事は自覚してますけど。

でも、もしも僕のメールが~、と想像するだけで、やっぱり幸せになってしまいます^^;

★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

2010/02/21 | 魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲

コメント

5816:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

5817

ほわあああ!すごいですね!!!
先生にメールしてかえってくるだけでもすごいのに///
しかも直筆アンケートはがきなんてやばいです!!!もったいないといわずにびっしり書き込んで送らなきゃだめですね(´q`*)

コメントの投稿

うまく投稿できない場合はメールフォームを使ってください、すみません。


コメントしたページのURLとハンドルネーム(名前)を登録しておくと新たにコメントが書かれたときに『「~の記事」に新着コメント』という通知をRSSリーダーでチェックできるようになります。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

記事を読んで何かを感じたら、トラックバックで感想・意見・反論下さい!

ただし、こちらへの言及リンクがない場合はトラックバックは受け付けていません。また無関係な記事からのトラックバックは削除することがあります。

トラックバックが反映されないときはメールフォームまで連絡下さい、対応します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。