HOME検索アバウトメールフォームよく読まれた記事はてブ人気記事被リンク数カテゴリコメントトラバRSSリンク翻訳(translate)

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

赤松健先生、萌えやバトルと長期連載との関係を語る

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
赤松健 | トラックバック(0) | コメント(2)

赤松健先生がこれらの話題について語ることは珍しくないのですが、今回は結構長めに語っています。何か思うところがあるのでしょうか?

赤松健先生の日記帳(2010年1月13日)
1月13日
■ 萌えやバトルについての話

バトルでは「達成=勝利」なので、勝ったら次の敵を出して、ドンドン回転さ
せていくことができます。
しかしラブコメは「達成=恋愛成就」ですので、例え達成しても次の美少女には
行きにくいわけです。道義的に。(ゲームだったら、忘れてもう一回最初から
スタートできますが)

つまり、「バトルは回転しながら肥大する」ことで続行可能だが、「萌えは
回転しにくい(消費される)」のです。
結果として、ラブコメは長期連載に不向きだということになります。

『ラブひな』では、主人公がヒロインと結ばれて、しかも東大にも受かって
しまい、それ以上は続行不可能となりました。
『ネギま』では、主人公を10才にすることで、この現象を回避しています。
(例えば多人数とキスしても、「僕まだよく分かんない」「も~、しょうが
 ないなぁ(^^;)」で許される。)

そもそも美少女キャラ自体に消費材(飽きられやすい)という側面があり、
それは男性の性的な本能(浮気しやすい・遺伝子を広くばらまきたい)に
由来していると思われます。実際、永いこと一人の美少女キャラだけを愛し
続けている人は、それほど多くありません。アニメ新番組の女性キャラは、
より新鮮で魅力的に見えるものですし。
これを見ても、ラブコメは長期連載に不向きであることが分かります。

では、ラブコメにバトル要素を付加したらどうなるか。
まず最初に「達成=恋愛成就」が来て、その後に彼女はバトル要員となり、
「味方が回転しながら肥大する」パターンに入る、という感じでしょうか。
更にバトル自体も回転肥大するとなると、「キャラ&バトルが描ききれない」
現象に陥る危険性も高いです。
しかしまあ、それは純粋バトル漫画でも同じことなので、長期化した後には
進行速度を落とすしかありません。進行速度を落とさない手法としては、
味方キャラを徐々に殺す手がありますが、それはなかなか困難です。
(途中で終わる)
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

2010/01/17 | 赤松健 | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲

コメント

5720

なるほど。最後の純粋なバトル…は同誌の某長期連載漫画のフォローか

5728

サンデーの神のみぞ~ってのは上手くやってるってことだな

コメントの投稿

うまく投稿できない場合はメールフォームを使ってください、すみません。


コメントしたページのURLとハンドルネーム(名前)を登録しておくと新たにコメントが書かれたときに『「~の記事」に新着コメント』という通知をRSSリーダーでチェックできるようになります。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

記事を読んで何かを感じたら、トラックバックで感想・意見・反論下さい!

ただし、こちらへの言及リンクがない場合はトラックバックは受け付けていません。また無関係な記事からのトラックバックは削除することがあります。

トラックバックが反映されないときはメールフォームまで連絡下さい、対応します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。