HOME検索アバウトメールフォームよく読まれた記事はてブ人気記事被リンク数カテゴリコメントトラバRSSリンク翻訳(translate)

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

「ネギ先生は今後は生徒をきちんと保護できる」と僕が楽観視している訳

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
魔法先生ネギま! | トラックバック(1) | コメント(0)

2009/12/10追記:スカーレットさんがブログでこの記事に言及しています↓。あわせてお読みください。


reminisさんが書いた「12億を救うのも6,700万救うのも良いけれど…」を読んで、ネギま!ニュース:「12億を救うのも6,700万救うのも良いけれど…」他で僕が感じたことを書きました。それに対して、reminisさんが再び別の記事をアップしています。

「意味がない」というのは言葉のアヤだと思うけど、先生の立場で生徒を先導してきてるんだから、もちろん生徒の身の安全の確保の責任は確かにありますね。でも、ネギ先生はその辺忘れてないし、ちゃんとやってのけると思いますよ。というかあれだけゲーデルを責めておきながら自分の生徒も守れないなんて、もしそうなったらネギ君見損ないます。

※僕が書いたネギま!ニュース:「12億を救うのも6,700万救うのも良いけれど…」他からの引用

果たしてネギが魔法世界で先生らしいことをしたか? 

まず、そこで考えてしまう。

まあ、確かに忘れてなかったとは言えるけどなんだか父親を追いかけることに目が行き過ぎていて小さなことを忘れていて取り返しがつかないことになりそうな気がするのですが・・・

だから、同じ徹を踏むのではないかと考えるわけで(ナギだって救えなかったわけだし。ネギがナギの息子だとするのであればなおさらのこと」)

同じ徹を踏むのではないかと」というお話ですが、実は僕も同じ心配はしています。なのに僕が楽観的な事書いたのは、ちょっと別の視点からの読みが根拠です。

彼(※補注:ゲーデル)だって全員救いたいに違いないんですよ。
それでも彼は「自分には6700万人しか救えない」という事実に歯噛みしながらも自分に救える命だけでも救おうと断腸の思いで決意したんだろうと思います。

それなのにネギは「サウザンドマスターなら全員助けると笑って言ってのけるはず」「どんな理由があっても父さんなら絶対にあきらめないハズです」と言っちゃいますからねー。
言うは易し、行なうは難し。
彼を責めたからにはネギくんは魔法世界の12億人全員を救ってもらわなければ。

272時間目 それはもう一人のネギ鈴きん的。)より引用

ゲーデルは「紅き翼」のやり方では世界を救えないと感じ、政治家に転身。その後、メガロメセンブリア元老院議員兼、オスティア総督の地位にまで上り詰めました。ゲーデルは「世界を救う」ために、その人生を捧げてきたと言っても過言ではないと思うのです。

そんなゲーデルをあれだけ責めておいて父親を追いかけることに目が行き過ぎて再び教え子を危険にさらすなんて、ちょっとひどすぎると思うのですよ。もしもそうなったら、僕はネギの事を嫌いになりそうです。

と考えると、穿った見方だけど赤松先生も、これ以上ネギの主人公としての魅力を損ねるような展開は書かないだろう思うのですよ。そういった作者の事情も加味した上での「ネギ先生はその辺忘れてないし、ちゃんとやってのけると思いますよ。」裏読み発言でした。その辺の説明を端折ってしまい、すみません。

後、「ナギだって救えなかったわけだし。ネギがナギの息子だとするのであればなおさらのこと」ということですが、僕は逆だと思いますよ。

「結局ネギは、父親が言いそうなことであっても、その父親すらもできなかったことをやろうとしてるんだ。もちろん、これからのネギは独力ではなく、父親世代の遺産に手助けされることで目的を達成するんだろうが――二度目の正直だからね――、事実上は父親以上の結論を、ここで出そうとしているわけだ」

今週のネギまは良かったよね話今週のネギまは良かったよね話 - ピアノ・ファイア)より引用

ナギが出来なかったことを自分が成し遂げるというのが、今のネギのモチベーション・意識・理想を高くしているのだと思うのですよ。だから僕はむしろ「ネギが救えなかったからこそ、ナギの息子のネギはきっと達成してくれる」と信じたいのです。というかそういう展開、燃えませんか!?


…余談ですが、もしもネギが達成してしまったら、ゲーデルはどんな気持ちになるんでしょうね。鈴きんさんの272時間目 それはもう一人のネギ読んでから、すっかりゲーデルびいきになった僕はちょっと心配です^^;

「6,700万しか救えない」と思い込んでいた私は危うく11億人以上の無辜の民を見殺しにするところだった。

と、ゲーデルが罪悪感にとらわれる姿を想像してしまいます。その辺はラカンあたりがなんとかフォローしてくれると期待してるけど。


スカーレットさんがブログでこの記事に言及しています↓。あわせてお読みください。

★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

2009/12/09 | 魔法先生ネギま! | トラックバック(1) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲

コメント

コメントの投稿

うまく投稿できない場合はメールフォームを使ってください、すみません。


コメントしたページのURLとハンドルネーム(名前)を登録しておくと新たにコメントが書かれたときに『「~の記事」に新着コメント』という通知をRSSリーダーでチェックできるようになります。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

記事を読んで何かを感じたら、トラックバックで感想・意見・反論下さい!

ただし、こちらへの言及リンクがない場合はトラックバックは受け付けていません。また無関係な記事からのトラックバックは削除することがあります。

トラックバックが反映されないときはメールフォームまで連絡下さい、対応します。

仲間が救うこと 網創漠蓄はてブ数[2009/12/12]
reminisさんの記事、 12億を救うのも6,700万救うのも良いけれど…が発端となる論議にちょっと口を挟んでみる。 問題のひとつ、ネギ先生が先生としてどうかというと、 neoのネギと比較してみれば一目瞭然なくらい問題ありです。 それが魔法世界編ではどうだったのか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。