HOME検索アバウトメールフォームよく読まれた記事はてブ人気記事被リンク数カテゴリコメントトラバRSSリンク翻訳(translate)

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

「サンデー・マガジンのDNA展」@川崎の感想・レポートリンク集

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
アニメ・漫画 | トラックバック(1) | コメント(0)

現在、川崎市民ミュージアムにて「サンデー・マガジンのDNA」展が開催中です(※1)。ネギま!ブログ的には赤松健×畑健二郎の対談と二人のコラボ・サイン色紙も収録された、会場限定販売図録も気になるところ。

7/18~の一般公開に行かれた方と、7/17に行われた内覧会に行かれた方の感想をまとめてみました。

7/18~の一般公開に行かれた方の感想・レポート記事

巨大Gペン型モニュメント。
(中略)
左右に2つ、豪華な先生たちのイラスト入りサインでぎっしり埋まったGペン型モニュメントは圧巻ですね!!

赤松ファンとしてはネギま!とラブひなの原画をぜひ生で見てみたいものです。

赤松健、畑健二郎ファン必見!の会場限定販売の図録に掲載された赤松健×畑健二郎対談に関する感想です。

赤松健「『ネギま!』はかなり長く続けられますよ。ネギが教えているクラスメイトの4分の1はまだ、物語が残してありますし、ネギ自身の親探しの物語はまだ終わりそうにないですから。」

「続けようと思えば『物語の構造としては』いくらでも続けられる」は赤松健の口から何度か聴いています。でも、実際に「長く続ける」かという問題になるとまた別みたいですね。赤松健とアシスタントさんのモチベーションの問題や、バカボンのパパと同じ41歳の誕生日を迎えてしまった赤松健の体力的な問題、さらにはネギま!の人気維持等、長期連載にはさまざまな壁が存在しています。

赤松健「(畑健二郎は)たとえばネットとの付き合い方が上手だし、アニメ化するときにもうまく関わっている。そうやって作品の展開を楽しめる能力は、今後の漫画家にとって重要な資質でしょうね」

ネットとの付き合い方については、赤松健も畑健二郎に負けず劣らず上手いですよね?OAD『魔法先生ネギま!~白き翼 ALA ALBA~』のときは「9万本の予約でテレビアニメ化が決まるかも!?」ファンを煽って、お祭り騒ぎを扇動してましたし。というか私も扇動されたうちのひとりですし^^; でも「アニメ化するときにもうまく関わったり、そうやって作品の展開を楽しめる能力」については、畑健二郎の方が上かもしれません。TVアニメ『魔法先生ネギま!』第1期では、度重なる作画崩壊でファンから抗議メールが来た赤松健。一方、ファンからは「畑君」の愛称で親しまれ、アニメ化に関しても純粋に楽しんでいるように見える畑健二郎。
赤松健の目からは畑健二郎がうらやましく見えたのかもしれませんね。

畑健二郎「僕と若木さんは同じ種族の人間なんですが、彼は天才なんです。」

これは、前後関係を見ないと意味が分からない発言ですね^^;

対談記事の終わりに1枚のイラストがついています。エイプリルフールネタにもされていた、『魔法先生ネギま!』と『ハヤテのごとく!』のコラボレーションイラストです。

神楽坂明日菜とハヤテがデートして1杯のジュースを2本のストローで飲むというナギやハムやヒナが見たらまたまたグダグダな展開になりそうなイラスト(笑)。
余裕の表情の明日菜に対して微妙に困っているハヤテ。どうみても明日菜がおねーさんに見えるんですが、設定上はハヤテの方が2つ年上なんですよねぇ。(←ネタバレ反転)

これは現物が超見たいです!地方在住のわが身が恨めしいです・・・。

サンデー・マガジンのDNA-いいえ 音楽, いいえ 人生
感情限定販売の図録(\1,000)に載っている、赤松健×畑健二郎のコラボイラストの写真があります。ただしムチャ小さいですが。結構会場がすいていることに驚かれているみたいですが、今後お客さんは増えてくると思うのでゆっくり見たい方は早めにいかれたほうがいいと思いますよ。
「サンデー・マガジンのDNA-週刊少年漫画誌の50年-」@川崎市民ミュージアム に行ってきた - tanabeebanatの日記
さて、展示室で私が一番興味を持って止まってしまった場所は漫画の原画コーナーではありませんでした。

あしたのジョーの原作原稿です。

話には聞いていましたが、漫画の原作というより小説です。よく会話が多いと揶揄されるライトノベルと同じような書き方です。会話の合間にその時の状況が入る感じ。面白かったです。
どよんど日誌 サンデー・マガジンのDNA
展示室へ向かい、チケット(800円)を購入していよいよ入場。
まずは、年代順にサンデー・マガジンのキャラクターが壁一面にお出迎え。
久米田先生のキャラは「かってに改蔵」の改蔵(子供Ver.)と「さよなら絶望先生」の望(首吊り状態)がいました
入り口の物販コーナーでブックレットを購入。なぜなら、ここには赤松健先生と畑健二郎先生の対談が!

早速、読みました。が、久米田先生の話題は、まったく出てきませんでした
絶望先生とネギま!が好きなイキソチさんとしては、畑君と赤松健が絶望先生に触れていないのが切なかったみたいですね。恨むなら赤松健ではなく、久米田康治を踏み台としか考えていない畑君を恨んでください(←ぇ)

内覧会に参加された方の感想・レポート記事

少年漫画誌「サンデー」「マガジン」創刊50年で企画展/川崎 : ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞
少年漫画誌「サンデー」「マガジン」創刊50年で企画展/川崎 : ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞

プレスで参加していた神奈川新聞のネットニュース。当日は川崎市の教育長の挨拶があったそうです。コンセプトを考えた夏目房之介氏もテープカットで参加。

★★原画の迫力 - DIALOGUE-3
印刷物としてのマンガには、原画の3割くらいしか「絵」としての魅力がないのである
展示されている原画、生で見てみたいものです。
ねこ社長日記HYPER2 マンガの魂

写真多目です。同人印刷の(有)ねこのしっぽの社長さんです。入り口のサンマガの過去の表紙の巨大看板が圧巻。「出版社の方々、漫画家の方々川崎市のエラい方々」が集った懇親会や、開催セレモニー開始前の会場の写真があります。

定年再出発   : 本日オープン!サンデー・マガジンのDNA展

NHK総合で放送されたドラマ「ザ・ライバル サンデーvsマガジン 少年週刊誌の闘い」を製作された方なのだそう(制作秘話等は定年再出発   :少年誌の青春時代に)。

さすがはテレビ屋さんらしく、会場で出会ったトキワ荘に住む漫画家を発掘、育て上げた事でも知られる伝説の編集者丸山昭さんとの会話に「取材アンテナがピピと動」いたそうw

少年マンガとカラオケ、そして、ハリー。 | 新・上海だより、でした。
タッチの原画(タッちゃんにカッちゃんの影が重なって…投げるシーン)を見て、私が固まってる横で、

ひらひらっぽい服を着た女の子ふたり連れが、
「この時代の人にとっては、どれも思い入れのあるシーンなんだろうねー。」って言っていました。

そのとおりだよ。うらやましいでしょ?(余談ですが、昨日は私にしては珍しくひらひらしていない服を着ていました。)こういうのさー、粋な歌舞伎好きのおばあちゃまが「先代の○○はよかった。」なんて言うのと似てるかな。違う?
タッチは青春ですよね?分かります!

※1:なお、川崎での展示を終えた後は、この展覧会は全国を巡回する模様です。

全国主要都市にて開催

関西地区(京都国際マンガミュージアム)、中国・四国地区(高知県立美術館)、九州地区、北陸地区、東北地区、北海道地区へ巡回予定。
[少年サンデー・マガジンのDNA 展 本間正幸の少年画報大全新より引用]

関連記事

サンデー・マガジン50周年を記念し、畑健二郎と赤松健が対談した

関連リンク

川崎市 サンデー・マガジンのDNA
チラシのPDFあり!
企画展示室1 | 展示・上映・イベント | 川崎市市民ミュージアム
「サンデー・マガジンのDNA」展・ブログ
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

2009/07/19 | アニメ・漫画 | トラックバック(1) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲

コメント

コメントの投稿

うまく投稿できない場合はメールフォームを使ってください、すみません。


コメントしたページのURLとハンドルネーム(名前)を登録しておくと新たにコメントが書かれたときに『「~の記事」に新着コメント』という通知をRSSリーダーでチェックできるようになります。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

記事を読んで何かを感じたら、トラックバックで感想・意見・反論下さい!

ただし、こちらへの言及リンクがない場合はトラックバックは受け付けていません。また無関係な記事からのトラックバックは削除することがあります。

トラックバックが反映されないときはメールフォームまで連絡下さい、対応します。

サンデー・マガジンのDNA-週刊少年漫画誌の50年- 昨日行ってきたので感想を書いてみます。 東京メトロ南北線ができてずいぶん経つのですが、まだ全線走破していなかったりします。白金高輪までは野暮用で使ったのですが趣味的にゆっくり見られる状態じゃなかったんだよな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。