HOME検索アバウトメールフォームよく読まれた記事はてブ人気記事被リンク数カテゴリコメントトラバRSSリンク翻訳(translate)

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

ネギま!に裸やパンチラは必要か?

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(0)

2009年7月4日に行われた赤松健公認オフ会「ネギのお茶会2」。そのお茶会でのパネルディスカッションで司会役の赤松健先生が

「長く連載を続けていると、脱がさなくてもいいと言われるようになるんだけれども……どう?」

[ネギま!「ネギのお茶会2 レポ3 “重大議題1”」 方丈にて徒然なるままにより引用]

...という問いかけをしています。

ネギま!に裸やパンチラは要らない、という人はカッコつけているだけ

長期連載の漫画では「○○にはエロは要らない」という人が必ず出て来るものです。赤松先生によると、「ラブひな」の連載後期にも「ラブひなにエロは要らない」って意見をよくもらったそう。でも、「脱がせなくてもいい」とか「エロは要らない」っていってる人って、カッコつけてるだけだと思うんです(※男性限定)。早い話がコレ↓

エロゲにエロはいらない云々
これってアレだろ?

僕はアニメとか漫画とか好きだけどオタクじゃないよ、ちゃんと物語が・・・、設定が・・・とか言ってるのと同じだろ。

僕はポルノを楽しんでるんじゃなくて物語を楽しんでるんであって・・・とか必死になって言い訳してる感じ。

大体、エロゲにエロはいらないんだったら、コンシューマーで出たギャルゲのエロ同人がやたら多いのはどう説明するんだよ。

[はてな匿名ダイアリー「エロゲにエロはいらない云々」より引用]

「仮に『パンチラ・裸ありのネギま!』と『パンチラも裸も無いネギま!』のふたつがあったら、どっちを買うの?」という事です。「脱がさなくてもいい」とか言ってる人も、絶対「パンチラ・裸ありのネギま!」を買うと思うのですが^^;

ネギま!に裸やパンチラは必要

更に、赤松先生が

ちなみに、ネギま!で裸を見たい方?

と言って参加者に挙手でアンケートを取りました、結果、挙手は少数。なんというかナンセンスな質問ですよね^^;

「オレはネギま!で裸が見たい」って、100人も居るお茶会で胸を張って挙手できる人って、ちょっと変態入ってる気がします。ちなみにこのブログの管理人は変態だから胸を張って挙手しましたけどww

結論、最初に書いたように「ネギま!に裸やパンチラは要らない」と言ってる人はカッコつけて自分に嘘をついているだけ。実は、心の底では男性ファンは、みんな裸やパンチラが見たいと思っているはず。だから「ネギま!に裸やパンチラは必要!今後は今まで以上にバンバン描くべき!」ということで。

女性ファン VS 1巻からネギま!を買い支えてきたコア層

とは言っても、女性ファンのことを考えたら、今以上に裸やパンチラの描写を増やすことは難しいのかもしれませんね。お茶会2の質疑応答コーナーで、こんなやりとり↓がありましたし。

質問者(くろうさん)「最近の『ネギま!』は、ガールズ系への配慮が強い気がするが?」

赤松先生「『アイシールド』の先生(原作・作画のどちらの方かは不明)によると、最近は女性の影響力が強い。『ハヤテ』も女性が多く買っている。『けいおん!』もそう。この流れは『らき☆すた』辺りから強くなっている気がする。だから(『ネギま!』も)そういう配慮は、当然考えている」

[ネギま!「ネギのお茶会2 レポ2 “質疑応答”」 方丈にて徒然なるままにを一部改変]

最近増えてきた女性ファンの購買力って、もはや無視できないレベルですからね。

とは言っても、「30人の美少女がキミの恋人・ドキドキのニュータイプ学園ラブコメ」という触れ込みで始まった「魔法先生ネギま!」。当然連載初期からネギま!を買い支えて来たのは「男性ファンでありコア層であり、萌え層」。その萌え層を軽視するようなことがあってはならないとは思うのです。

★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

2009/07/11 | 魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲

コメント

コメントの投稿

うまく投稿できない場合はメールフォームを使ってください、すみません。


コメントしたページのURLとハンドルネーム(名前)を登録しておくと新たにコメントが書かれたときに『「~の記事」に新着コメント』という通知をRSSリーダーでチェックできるようになります。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

記事を読んで何かを感じたら、トラックバックで感想・意見・反論下さい!

ただし、こちらへの言及リンクがない場合はトラックバックは受け付けていません。また無関係な記事からのトラックバックは削除することがあります。

トラックバックが反映されないときはメールフォームまで連絡下さい、対応します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。