HOME検索アバウトメールフォームよく読まれた記事はてブ人気記事被リンク数カテゴリコメントトラバRSSリンク翻訳(translate)

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

赤松健16年目のマガジンとの専属契約を更新、専属契約裏話も明かす。

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
赤松健 | トラックバック(0) | コメント(2)
6月21日
今年も、マガジンとの専属契約を更新94年に「AI止ま」でデビューした後に結んだのが最初ですから、これで
16年目になりますね。
専属契約というのは、マガジン(講談社)以外では漫画を描いてはいけないと
いう契約でして、違反すると違約金なのですが・・・・私の場合、ぶっちゃけ
他誌で描いてる時間は全くありませんから(笑)、更新しちゃった方が断然
おトクなのです。
マガジンでは、「新人さんを逃がさない」みたいな使用法※1は無いみたいで、
単純に「人気作品が急に他誌に移動しちゃった」みたいな事例を防ぐための
制度なのでしょう。現に、他社ゲームのキャラデザイン※2や同人誌※3などは、
あまり問題視されません。
それにしても16年間マガジン(&マガスペ)一筋ですか・・・・最近は編集
者がみんな年下だし、長いよなぁ・・・(^^;)

今日も、夜10時から朝4時半まで残業。何も食わずに残業してると、ダイ
エット効果がかなりありそう。(※4
※1
「新人さんを逃がさない」というのは、おそらくは集英社・週刊少年ジャンプの専属契約制度を指している表現でしょうか?

新人の登用と専属契約制度
創刊以来、新人作家を積極的に登用しており、新人のチャンスが多い雑誌であるといえる一方、本誌でデビューした作家は必ず集英社と専属契約を結ぶ必要があり、連載が短期に終わった場合も他の出版社で仕事を行うことができない。各作品の欄外における「○○先生の漫画が読めるのはジャンプだけ!」などの煽り文句に、その一端が受け取れる。

この点については新人を「飼い殺し」にしているとの批判も根強く、八神健、木多康昭、鈴木央など、本誌ではヒット作を出せなかった作家が他誌・他社へと活動の場を移して成功した例がある。

また1960 - 1970年代にジャンプに連載を持っていた小室孝太郎は編集部の都合で人気のあった連載が打ち切られた上、この契約を知らない間に結ばされていたために、他誌で仕事をしようとしても集英社から交渉を妨害され、しばらく作品発表の場が持てなかったことをインタビューにて語っている

[週刊少年ジャンプ - Wikipedia→新人の登用と専属契約制度より引用]
※2
ゲームではないですが、最近だと「君のいる町」の瀬尾公治先生の女子高生キムチが記憶に新しいですね。
「君のいる町」の瀬尾公治先生の「女子高生キムチ」
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

2009/06/22 | 赤松健 | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲

コメント

6198

ジャンプの専属契約制度って批判されがちだけど
金がいらないなら契約を更新しないこともできるし
自分で切ることもできるんですよね

他社では基本的に
連載していないときは一切お金が入らないので
そこまで批判されるような制度ではない
ような気もするんですが

サンデーの某漫画家さんも
特に支度金や連載準備金のようなお金は
でないので 連載開始にあたって200万ほど
借金をすることになったとか書いてましたし

ジャンプの場合 契約金は
違反しない限り 連載が10週で終わろうが
一切返還する必要はなしとなっているので
逃げられにくくする一方で 連載にともなう
リスクも軽減できるものでもあるんですよ

上のサンデー作家の方は
幸いにも 連載がなんとか10巻をこえる
くらいには人気もでたので 借金については
連載中に無事完済できたようでしたが

6272:承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

うまく投稿できない場合はメールフォームを使ってください、すみません。


コメントしたページのURLとハンドルネーム(名前)を登録しておくと新たにコメントが書かれたときに『「~の記事」に新着コメント』という通知をRSSリーダーでチェックできるようになります。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

記事を読んで何かを感じたら、トラックバックで感想・意見・反論下さい!

ただし、こちらへの言及リンクがない場合はトラックバックは受け付けていません。また無関係な記事からのトラックバックは削除することがあります。

トラックバックが反映されないときはメールフォームまで連絡下さい、対応します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。