HOME検索アバウトメールフォームよく読まれた記事はてブ人気記事被リンク数カテゴリコメントトラバRSSリンク翻訳(translate)

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

中国語版「ネギま!」の翻訳者が、台湾の大ヒット映画「海角七号」の魏徳聖監督の次回作のアドバイザーに

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(0)

魏徳聖監督の映画「海角七号」(Wikipedia)は、興行収入は5億台湾ドルを。タイタニックに次ぐ、台湾歴代映画興行2位の超ヒット作です。その魏徳聖監督の霧社事件を扱った次回作。中国語版ネギま!の翻訳者十兵衛の呟きじゃあ!の十兵衛さんが、その次回作で「日本軍専門家」として、様々な助言・アドバイスをしたそうです。

台湾の映画なので、当然全て中国語。十兵衛さんが日本語に訳して下さっているので、そこから部分引用させてもらいます。

「今日の朝、私達は特殊効果会議を開きました。(中略)そして午後、一人の日本軍専門家が会社に来訪。この方は東立出版社が出版した漫画の数多くを翻訳していますが、実は日本軍の銃火器、装備品の達人であり、今日は色んな実物を持ってきて、打ち合わせを参加、皆を驚かせました。龍さん(この製作会社の軍事アドバイザー)も驚きっぱなしで、今度は本当に一人の専門家を見つけました。」

十兵衛の呟きじゃあ! | 映画公式ブログに登場 十兵衛の呟きじゃあ!)]

大絶賛されてますね!十兵衛さんの旧日本軍への知識は趣味を超えて完全に「専門家・研究家」レベルなので、それも当然かもしれません。

ちなみに十兵衛さんが中国語に翻訳している漫画は魔法老師(ネギま!)のほかにも台湾の少年向けコミック売上げランキング(2009年1月度、2月度) に登場したものだけでも、

...と実に多数。この輝かしい翻訳歴にくわえて、今回の映画での日本軍専門家としての助言、指導。これからは十兵衛さんのことを「文化人」と呼ばせていただきます!(>▽<)ノ☆

十兵衛さんが魏徳聖監督の次回作のアドバイザーになるまでの経緯は十兵衛の呟きじゃあ! | アドバイザーの道へに詳しく載っています。なかなか面白い経緯でアドバイザーに就任したようです。

★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

2009/06/14 | 魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲

コメント

コメントの投稿

うまく投稿できない場合はメールフォームを使ってください、すみません。


コメントしたページのURLとハンドルネーム(名前)を登録しておくと新たにコメントが書かれたときに『「~の記事」に新着コメント』という通知をRSSリーダーでチェックできるようになります。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

記事を読んで何かを感じたら、トラックバックで感想・意見・反論下さい!

ただし、こちらへの言及リンクがない場合はトラックバックは受け付けていません。また無関係な記事からのトラックバックは削除することがあります。

トラックバックが反映されないときはメールフォームまで連絡下さい、対応します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。