HOME検索アバウトメールフォームよく読まれた記事はてブ人気記事被リンク数カテゴリコメントトラバRSSリンク翻訳(translate)

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

赤松健「ネギの闇の魔法はNARUTOの螺旋丸」ほか、ネギのお茶会の発言

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(0)

約1年前、2008年5月24日(土)に新宿パセラ6F「Grace-Bali」で行われたネギのお茶会。赤松先生の注目発言も多かったのに、当時はネットであまり話題にされていませんでした。

そこで当時私が取っていたメモとネット上の一番詳しいレポート記事と思われる鈴きんさんネギのお茶会 レポートをもとに、赤松健先生の注目発言の中からいくつか紹介してみます。


〔名前は各パネラーのブログ等にリンクしています。〕

黒猫 先日ブログ上でアンケートを取ったら、クラスメイト萌え派61%、バトル派38%だった。
赤松 サンプリングがネットだけだから、必ずしもクラスメイト萌え派が多数とはいえない。一般層ならバトル派が8割になるかもしれないし。
黒猫 少なくとも最近のバトルは単調でそろそろクラスメイト編を読みたいという人も居るという証明にはなる。
ネット層はラブひなから応援してるような20~30代が多いと思う。対して一般層は10代が多い。
赤松 最近電車でマンガ雑誌を読んでいる人は少ないし、10代はゲームばっかり。そうなると10代に媚びる必要も出てくる。
鈴きん 赤松先生のいう一般層は10代が中心ではないのか?
赤松 10代を基本にして25歳以下。マガジンの読者層はもう少し上かもしれないけれど、その年齢をターゲットにすると単行本は買わないし、未来が無い。

鈴きん クラスメイト派はズルズル伸びた方がうれしい。
赤松 でもそのノリでクラスメイト編をやっていると20年はかかる(笑)。だから4コマ的な短編にならざるを得ない。

一般参加者の質問 1学期編で第1部完、になったあとに長期休暇を取らなかったのはなぜ?
赤松 休もうと思えば休めたかもしれない。あそこで一ヵ月半休んで、タイトルを変えて1巻からまた始めるという方法もあった。タイトルを変えれば区切りも付いて、今まで単行本を買うか悩んでいた人に買うきっかけが生まれるし。でも、休みすぎると勢いがなくなるのが恐れが。描く側としても休みで力抜けしてしまうのが怖い。

赤松 最後に今のネギま!に対する要望をどうぞ。魔法先生ネギま!なんだから先生をやれ、クラスメイト全員が恋人なんだから先生を出せ、というそもそもな意見は無しの方向で
黒猫 最近のバトル偏重は重たすぎる印象。ネギが強くなってレベルアップという展開ばかりが目立ち単調でつまらない。
赤松 でも、最近の展開はアンケートが調子いい。ラカンという人気のある師匠も出て、闇の魔法という必殺技を覚えて強くなっていく。あれは螺旋丸やカメハメ波みたいなもので(会場・笑)、そういう必殺技を覚えてレベルアップしていく展開の方が少年層の受けはいい。、いろんなクラスメイトが入れ替わりに出てきてエッチなことを繰り返すラブコメってあるんですけど、あれは短命。もしも毎回ネギがクラスメイトのトラブルを解決する話をしてたら、もうネギま!は終わってる。、ロングスパンを考えるならすこしずつ強くなって父親を超えるみたいな話でないと。クラスメイトは付属的にならざるをえない。
黒猫 クラスメイトの群集劇が最終的にバトルに結びつくみたいな話は無理?
赤松 「ラブラブキッス(35~37時間目)」みたいな? …1コマにいっぱいキャラをだすのは難しい、作業的にも(笑)。

夕映のレース戦(211~213時間目)のようなきちんと作戦を立てて勝利するようなバトルを描いてほしい。
赤松: そういう頭脳戦ばかりだと単調になる気が。そもそも頭脳戦が似合わないキャラも居る
そこは一般的なバトルとバランスをとって。

和泉彼方 読者ニーズを考えての漫画制作もいいけど赤松先生が描きたいものを描いて欲しい。
赤松 よく「何を描いてもついて行きます」っていうけど、あれは嘘。つまんないと思ったら、読者はついてきません。
和泉彼方 それは一般層だけでは?
赤松 コアなファンだってつまんなければ買わない。


関連リンク

赤松健はキャラの描き分けを「意図的にしていない」 猫とネギま!と声優さん
「ネギのお茶会」レポート その1 鈴きん的。
主に明石裕奈役の木村まどかさん、朝倉和美役の笹川亜矢奈さんの出演部分
★★「ネギのお茶会」レポート その2
赤松先生が質問に答えるQ&Aコーナー
「ネギのお茶会」レポート その3
クイズコーナー赤松検定のレポ。連載開始時のマガジンの表紙と、予告に使われた赤松先生直筆の線画が見られます。
★★「ネギのお茶会」レポート その4 ~「朝まで生ネギま!」要約~
Q&Aと同じく赤松先生がキニナル発言をしています。
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

2009/04/12 | 魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲

コメント

コメントの投稿

うまく投稿できない場合はメールフォームを使ってください、すみません。


コメントしたページのURLとハンドルネーム(名前)を登録しておくと新たにコメントが書かれたときに『「~の記事」に新着コメント』という通知をRSSリーダーでチェックできるようになります。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

記事を読んで何かを感じたら、トラックバックで感想・意見・反論下さい!

ただし、こちらへの言及リンクがない場合はトラックバックは受け付けていません。また無関係な記事からのトラックバックは削除することがあります。

トラックバックが反映されないときはメールフォームまで連絡下さい、対応します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。