HOME検索アバウトメールフォームよく読まれた記事はてブ人気記事被リンク数カテゴリコメントトラバRSSリンク翻訳(translate)

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

赤松健が語る「投稿者層の変化・マガジンがジャンプに勝てない理由」

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
赤松健 | トラックバック(0) | コメント(0)
3月12日
今日から、246話目の執筆開始。
まずは、26巻収録分の直しとオマケページから。

オマケページの似顔絵コーナーですが、驚いたことに投稿の60%以上が
女の子からで、しかも低年齢化が急速に進んでいます。
昔、ラブひなの頃は、お葉書の90%以上が男性からだったのですが。(^^;)
まあ、男性はあまり似顔絵なんて描きませんよね。筆まめじゃないし。
しかし、新陳代謝の状況を垣間見るデータの一端だとは思います。

アニメ雑誌も今、読者の過半数は女性らしいですよ。ああ、なるほどね・・・
ガンダムもギアスもそんな感じだし。富野信者としては寂しいですが。
そういや実写も、イケメン男優がいっぱい出るのが多いみたい。
マガジンがジャンプに勝てない理由も半分はコレですよね。もう一つは年齢層。

似顔絵投稿者の女性増加・若年齢化にひっかけて「マガジンがジャンプに勝てない理由を語る」についても語っています。マガジン2008年10~12月にかけてのマガジンの各号平均発行部数は169万1667冊。対してジャンプは1.6倍以上の279万3334冊!(漫画・ゲーム・アニメ系雑誌の発行部数ランキング(2008年10月~12月期)より)

この大差がついた理由を赤松先生は「女性」と「年齢層」の問題だと述べています。早い話が

  • マガジンは女性への訴求力が低い(男性向けばかりで、女性向けのマンガがない)
  • 若年層を意識したジャンプに対して、若年層は切り捨てているマガジン

ということでしょうか。

★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

2009/03/15 | 赤松健 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲

コメント

コメントの投稿

うまく投稿できない場合はメールフォームを使ってください、すみません。


コメントしたページのURLとハンドルネーム(名前)を登録しておくと新たにコメントが書かれたときに『「~の記事」に新着コメント』という通知をRSSリーダーでチェックできるようになります。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

記事を読んで何かを感じたら、トラックバックで感想・意見・反論下さい!

ただし、こちらへの言及リンクがない場合はトラックバックは受け付けていません。また無関係な記事からのトラックバックは削除することがあります。

トラックバックが反映されないときはメールフォームまで連絡下さい、対応します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。