HOME検索アバウトメールフォームよく読まれた記事はてブ人気記事被リンク数カテゴリコメントトラバRSSリンク翻訳(translate)

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

赤松健とアップルシード

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(1)
赤松健『魔法先生ネギま!』81時間目麻帆良祭、大開幕!
※クリックで大きな画像

赤松健『魔法先生ネギま!』81時間目麻帆良祭、大開幕!に見られる、士郎正宗『アップルシード』(2巻)へのオマージュ(オマージュ Wikipedia

2月20日

(中略)
バトル編、アンケートは良好です。でも本物のバトル漫画っていうのは、
もっとコマが大きくて、ストーリー進行も遅めで、絵の密度ももう少し読み
やすい薄めなものですよね。
何か、ネギまはバトル漫画の画面じゃないです。でも純粋な萌え漫画の画面
でもない気がする。何漫画の画面なんだろコレ。一応アップルシード世代で
はあるのですが。

2/20の日記に出ていた『アップルシード』(APPLESEED)は攻殻機動隊でお馴染みの士郎正宗のメジャーデビュー作となったSF漫画アップルシード - Wikipediaより)ですが、ネギま!の読者には『アップルシード』を知らない人も多そうですね。

アップルシードというか、士郎正宗の作風は士郎正宗 - Wikipediaによると以下のとおり

内容
作品内容は、SFマンガの中でもかなり難解であると言われている。読者の側にある程度の予備知識を前提としており、設定の説明が丁寧になされているわけではない。漫画表現としても独特なコマ割りや、テンポを重視して説明的なカットを省いた展開などの特徴があり、分かりやすいとは言いがたい。

絵柄
絵は緻密で高密度な書き込みを特徴とし、主線や遠近の描き分けによる詳細な空間描写が目を引く。

全部が全部とは言いませんが、ネギま!の作風にも通じる部分がありますね。ちなみに「アップルシード」という単語は過去の赤松先生の日記にも2回ほど登場しています。どうやら赤松先生、アップルシードのファンの様子。

2月5日

今回は、11日が休日ということで、締め切りの10日午後には印刷を
開始しなければならないため、締め切りが10日早朝とかになりそう。
これは・・・全然ダメだ(泣)。また1~2減ページするしかないです。
他の作家さんは、よく大増○○ページとかやるよなぁ。うちではたった
1ページが生死を分けてしまう感じで、何か情けないです。

今週の41話目も、描いているときには「うわっ、こんな巨大なコマ使って
ぶん殴るシーンだけを描いちゃっていいのかしら!?(^^)」とか思っていた
のですが・・・本誌に載ってみたら、コマ小さいのなんの。(笑)

私の作画に関する価値観は、「アップルシード」あたりから来ているため、
多分情報量が多くないと不安なんですよね。小さい面積に色々集積させて
「閉じた世界観」を作るのが好きみたい。シムシティとかポピュラスとかも
大好きだったし。B6版サブノートPCとか最小PDAとか買って喜んでい
る部分からも想像しやすいですよね。

そんなわけで・・・今日もチマチマ集積してます。(^^;)

2004年(前半)の日記帳より

12月3日

■考察: 最近の展開

本誌の人気アンケートでの「ネギま」の問題点っていうのは、ぶっちゃけ 以下の一点です。

・「面白いもの1つ」でトップ常連なのに、「読んでない漫画」でも  必ず上位に入っている。

・・・この現象は、ちょっとおかしい。普通、面白いなら誰もが読んでいる はずですから。(笑)

中略

つまり、

ネギまは当初からアップルシード並みの情報量&設定量を目指した漫画
 あったため、何だかゴチャゴチャとオタクくさくて「一般人が日常生活で
 普通に読める漫画」ではなかった

のが、バトル展開になって目先の情報量が減り、

・何かスラスラ読める♪

に変わっただけ。
それであの現象が起こったと考えられるのではないでしょうか。

後略

2007年(後半)の日記帳より
★★【書店委託開始】魔法先生ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』赤松健インタビュー+ネギま同人界を彩ってきた豪華作家も参加
赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰赤松健先生直撃インタビュー、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰
赤松健先生直撃インタビューも掲載、ネギま!ファンブック『ネギま!の缶詰』
※写真提供:
赤松健先生

RSSでこのブログを購読することができますRSSでこのブログを購読可能です follow meTwitterをやっています!


http://catmania.blog13.fc2.com/?xml

※ご意見・ご感想・タレコミ等は、またはコメント欄、 メールフォームまでお願いします。

アクセストップ10

全アクセスランキングはこちら

最近の記事

はてブ注目エントリー

はてブ注目エントリーを全部見る

はてブ殿堂入り

はてブ殿堂入りを全部見る

ブログパーツブログパーツ

【続きを閉じる】

2009/02/24 | 魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(1)
この記事のURL | TOP ▲

コメント

4955

なるほど……あの情報密度をアップルシードと比較すると確かに理解出来ますね。
でも「ネギま!」と「アップルシード」の違いは、「ネギま!」は細かい文章は読まなくても大体の物語の流れは絵で理解出来る。しかし「アップルシード」は細かいセリフ・描写にまで重要な伏線・テーマなどを含めている場合が多いから流れで理解出来なくなる場合が多い。
まぁ、その点で「ネギま!」はバトル漫画として成ってる気がします。

コメントの投稿

うまく投稿できない場合はメールフォームを使ってください、すみません。


コメントしたページのURLとハンドルネーム(名前)を登録しておくと新たにコメントが書かれたときに『「~の記事」に新着コメント』という通知をRSSリーダーでチェックできるようになります。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)

記事を読んで何かを感じたら、トラックバックで感想・意見・反論下さい!

ただし、こちらへの言及リンクがない場合はトラックバックは受け付けていません。また無関係な記事からのトラックバックは削除することがあります。

トラックバックが反映されないときはメールフォームまで連絡下さい、対応します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。