HOME検索アバウトメールフォームよく読まれた記事はてブ人気記事被リンク数カテゴリコメントトラバRSSリンク翻訳(translate)

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

9/2(金)深夜28:20~テレビ東京「アニソンぷらす」で『劇場版ハヤテ』特集、初日舞台挨拶の様子、楽屋裏インタビューも

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

9/2(金)深夜4:20~
テレビ東京「アニソンぷらす」
初日舞台挨拶の様子、楽屋裏での撮りおろしのインタビューも!!
ご出演:白石涼子さん、釘宮理恵さん、田中理恵さん、伊藤静さん

番組情報はコチラ

アニソンぷらすはいつもなら動画配信があるのですが・・・。↑の右上に「※9/2放送分の動画配信はございませんのでご了承ください。」という非常な文字が。

僕みたいに、TV東京の地方局が無い田舎のオタは、切捨てってことですねヽ(`Д´)ノ
見たいよ~、誰か助けて。・゚・(ノД`)・゚・。

情報元:SPアニマル部隊★様 コメント読んで初めてアニソンぷらすの特集知りました。超感謝です!
2011/09/02 | 魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(3)
この記事のURL | TOP ▲

劇場アニメの損益分岐点から、劇場版『ネギま!』『ハヤテ』のビジネスモデルを読み解く

はてなブックマークに追加 このエントリーをブックマークしている人の数  印刷印刷
魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

975 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/09(金) 13:25:06 ID:P008J2XA

>>970
興行収入だけで制作費の元まで取るのは至難の業
劇場アニメの平均制作費が300万/分だから、100分だと3億
それを稼ぐなら100館規模で15億とかが必要
つまりサマーウォーズくらい売れないと無理

劇場アニメのネット収入(全国配給の場合)
興行収入  製作者ネット収入
 30億      9億
 20億      5億
 10億      1億
 5億      -1億
 3億      -1億8000万
 1億      -2億6000万

劇場アニメのネット収益率ケーススタディ
ネット収入=興行収入-劇場分(50%)-P&A(規模により変動)-配給手数料(規模により変動)

      興行収入 P&A  配給手数料 ネット収入 収益率  scr
全国   30億    4億    3億       8億    26.67% 800
準全国.. 20億    3億    2億       5億    25.00% 300
中規模.. 10億    2億    1億       2億    20.00% 100
小規模..  5億   1.2億   0.5億      0.8億    16.00% 60
限定    3億   0.8億   0.3億      0.4億    13.33% 10
単館    1億   0.3億   0.1億      0.1億    10.00%  1
(「アニメビジネスがわかる」、より抜粋) アニメビジネスがわかる

劇場版『ネギま!』『ハヤテ』は29スクリーンで公開で初動3957万円

941 :名無シネマさん:2011/08/30(火) 21:16:05.58 ID:Ba+BIz3R
新作初動 
『劇場版 魔法先生ネギま!・劇場版 ハヤテのごとく!』 
29scr:動員2万7570人/興収3937万3500円

初動の数字からおおよその、最終的な興行収入は推測できる

*90scr?***2億 銀魂 10.66億円 
*24scr?8900万 涼宮ハルヒの消失 8.3億円
*30scr?8800万 マクロスF 6.45億円
*19scr?6100万 魔法少女リリカルなのは 3.8億円
*22scr?5200万 戦国バサラ 1.6億円
104scr?5000万 カラフル 2.99億円
29scr:3937万 ネギま!+ハヤテ
*12scr?3800万 Fate UBW 2.8億円

上記の他作品と比較すれば、最終的な興行収入は3億円前後と推測できる。

29スクリーンは規模で言うと限定~小規模のちょうど間ぐらい。よってP&A(配給会社におけるプリント製作費及び宣伝費等の配給コスト)は約1億円、配給手数料は約0.4億円、よって…

ネット収入=興行収入-劇場分(50%)-P&A(規模により変動)-配給手数料(規模により変動)

ネット収入=(興行収入約3億円)-劇場分(50%=1.5億円)-P&A(1億円)-配給手数料(0.4億円)
=0.1億円=1000万円

という訳で、誤差も含めれば、劇場版『ネギま!』『ハヤテ』は何とか損益分岐点上に居る事になります。加えて、講談社の場合、この後に劇場版DVD付き限定版も控えているわけで

このDVD付き限定版というのが、おそろしく利益率が高いビジネスモデルだったりします。

限定版1冊当たり出版社取り分:2159.6円 
(中略)
23巻の初回限定版で生じる利益はザックリ1億7千万円ってことになりますね。

つまり、映画単体で大きな利益をあげなくても、OADで儲ければ何の問題も無いわけで。となると、映画はOADの販促という意味合いが大きそうです。

後は『ネギま!』や『ハヤテ』の場合は、劇場版グッズが大量に販売されています。

グッズというのは原価率が低くて、売るほうから見るとかなり美味しい商品です。

例え映画で黒字出さなくても、映画公開中は映画のグッズや、更に映画公開終了後はDVD(OAD付き単行本限定版)といった利益率の高い商品で稼げるから、総合的に見て(ネギま!やハヤテ等、原作の知名度・人気が高い作品なら)アニメ映画って結構美味しい商売なのかもしれません。

2011/09/01 | 魔法先生ネギま! | トラックバック(0) | コメント(1)
この記事のURL | TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。